about the "SR system"

SR システム(Substitutional Reality System:代替現実システム)は、現在と過去を区別なく体験することができる装置です。理化学研究所 脳科学総合研究センター 適応知性研究チームにより開発されました。 SRシステムは、従来のVRやARの「仮想を現実に近づける」技術とは逆に、過去を現在に地続きのものとして挿入することで、体験者の経験する「主観的な現実」そのものを操作します。

体験者はヘッドマウントディスプレイとヘッドフォン、ライブカメラ、方位センサーが組み込まれたデバイスを装着します。体験者には、目線の位置にあるライブカメラからの視界、およびあらかじめ同じ場所で撮影した過去の視界を織り交ぜて表示することができます。その状態で過去と現在の視界をスムーズ切り替えると、 体験者は現在体験しているそれが過去なのか現在なのかを認識することができません。

過去の映像は、事前にパノラマビデオカメラを用いて撮影しておきます。デバイスに組み込まれたモーションセンサーにより、体験者は過去映像の中でも現在と同じように自由に周りを見渡すことができます。そのため体験者の主観的な認識そのものは切り替わることなく、ひとつながりのものとして続いているのです。

Related link